Adopted child

養子を迎えるために知っておくべき事

作者別: admin

中絶の容認

堕胎が罪になる場合、罪を問われるのは女性だけです。もう一方の責任者である男性は罪の責任は負いません。そのアイルランドで2018年、人工妊娠中絶を禁止している現行憲法をめぐる国民投票が行われ、、70パーセント近くの圧倒的多数でこの憲法の廃止を決定した。これまで母体の生命に危険がある場合のみ中絶が認められていましたが、強姦や近親相姦による妊娠には認められていませんでした。

 

日本では明治維新に堕胎禁止令がだされ、法制化されてゆきます。さらに富国強兵、戦争に備え、子供を多産することが推奨されるようになります。やがて女性の権利としての中絶の容認が訴えられるようになり論争が起こりますが、侵略戦争が進むにつれ統制は厳しくなり、見せしめ的な投獄も相次ぎます。加藤シヅエなど代表的な避妊などによる産児調節運動家にも弾圧が加えられました。第二次大戦後、優生保護法により条件付きで堕胎は容認されるようになりましたが、母体の保護目的でした。「優生上の見地から不良な子孫の出生を防止するとともに、母性の生命健康を保護すること」とあります。優生上の見地から不良な子孫とみなすことはいかにして可能なのか、また、母性の生命健康とは、子供を産むための健康な身体を維持させることが目的で、精神に与える苦痛はどうなのか、という疑問を残すものでした。1996年に「優生上の見地から不良な子孫の出生を防止するとともに」の部分が削除され。優生保護法は母体保護法になります。近年は少子化であり、社会問題として、子供を産み育てることへの援助が奨励されています。一方、女性がふたたび「生む機械」であるような発言があったり、産まないという女性あるいは夫婦の考えは、肩身の狭い想いを生じさせているともいえるかもしれません。

中絶に対する意識

法律では中絶(堕胎)とはどのような扱いなのでしょうか。日本の刑法、罰則行為として中絶は厳しく禁じられています。ところが、母体保護法第十四条があり、そこではある条件の下で、妊娠中絶は許されているとあります。妊娠そのものが母体の身体に過度な負担をかけ害を与えている状態であるとし、その救済処置としての堕胎はありえるとされているのです。実際これを適用し、日本は中絶がさかんであるといわれています。現在、日本での人工妊娠中絶の件数は年間20万件前後くらいになります。そのほとんどが21歳以下になります。欧米、あるいは世界宗教としてのキリスト教では中絶が禁じられていることが良く知られています。中絶を殺人であるといっています。胎児を生命を持つ存在としてみなしています。実際には、法律で厳しく禁じながら、妊娠の段階によって中絶の可能性が許可されています。イスラム、ヒンドゥー、仏教においても中絶を容認する教義はありません。法律と生命や宗教倫理の問題はこのように必ずも一致をみません。

望まない妊娠にたいして世界のどの地域の女性も中絶によって解決しようと考えています。年間4,600万人の女性が世界中で中絶をおこないます。うち約8割は開発途上国の女性ですが、伝統的な宗教・文化・社会的通念から、中絶が非合法とされている国での、安全でない中絶によって生命にかかわる影響を受けている女性は、少女も含めて1,900万人。うち7万人が死亡、数十万人もが健康障害を受けているとのことです。カトリックが強固な、フィリピンやアイルランドは厳格に禁止されており、それゆえにかえって、きわめて危険な非合法的手段や、自殺を選ぶ場合もあるといいます。

海外養子

日本では、悪徳業者による人身売買に近い危険性もあり、推奨されることは極めて少ないのですが、世界的な視野で見れば、国際養子縁組は珍しいことではありません。日本人の養子を望む声は多いといいます。また、日本人の赤ちゃんは、親の薬物汚染などの可能性が少なく、健康的にも安全であると思われているようです。実際に日本でも数少ないといえる養子縁組のうち50人以上が日本国内ではなく、アメリカで養子として受け入れられているという事実があります。さまざまな事情によって、養育、保護してくれる大人を持たない子どもは日本を含めた世界中にいます。国や地域ごとに、養子縁組を必要とする子どもの数も、それぞれの持つ背景も異なります。そして、養子、あるいは中絶ということに対する社会の反応にも大きな違いがあります。

ヨーロッパの場合、二つの世界大戦の間に、孤児の急増と、博愛主義から早いうちに国際的な者も含む、法整備がなされていました。日本はもともと、単一に近い民族国家であるといわれ、さらに血縁意識が高く、純血をアイディンティティと考えられてきました。そのため、たとえば親に育てられることが困難な子供がいた場合、家族や地域でその養育をまかなってゆこうとする、共同体意識もありました。身近なところでは、祖父や祖母によって育てられた子供も多くいるはずです。しかし近年は家族の形態が変わり、核家族化が進み、地域共同体への帰属意識もうすれてきたため、それも難しくなっているのが現状です。たとえば意識の上においてアメリカは逆であり、特に、そもそも人種のるつぼであるアメリカは例が多く、著名な芸能人もさまざまな孤児を養子として育てている例もあります。つまり需要も多く、供給も多いという事情があり、オープンに養子そのものが社会に受け入れられているようです。ます。供給、すなわちもらわれなくては生きることが困難な子供が多いということは社会問題でもあります。