何らかの理由で子どもがいない方も、養子縁組という手段を取ることで、血のつながりがなくても親子関係を持つことができます。そこで、様々な養子縁組のパターンを見ていき、養子縁組について知識を深めていきたいと思います。
日本ではドラマ文化やマスコミの台頭で、養子縁組についてだんだん周知され、子どもにとっても健やかな人生を保障することができる制度であるということも認識されつつあります。連日の報道では、民間グループによる養子縁組のあっせんのありかたも見直されてきました。
さらには里親を委託するためのガイドラインも定められ、子どもの成長にともない、新生児の頃から里親を探すこと重要であると打ち出され、里親の年齢も、子どもが成人したときに65歳以下となる年齢が望ましいといった年齢差の目安も見解として示されました。

テレビでは、社会的な養護を受けている子どもたちや支援者が群像劇などで描写されることで、そのあり方に議論をもたらし、社会に対して、子ども養護などの関心を高めることができました。
平成の中ごろにおいては、特別養子縁組を踏まえて子どもを迎えた夫婦が、育児休業を取得できないという現実に疑問が持たれ、厚生労働省は研究会を開き、法改正で育休を認めるべきだとする報告書がまとめられました。
近年、里親に委託されている子供の数は増える傾向にあります。しかしながら、子どもを必要とする大人と、そういった大人を必要としている子どもが出会う機会が社会からは後押しされているにもかかわらず、その手段を検討し始めた夫婦にとって、メディアやインターネットなどに広がっている情報は必ずしもわかりやすいとはいえません。